スポンサーリンク

【38w1d】おうちでパンダ音楽祭

妊娠生活
妊娠生活 産休中 趣味
スポンサーリンク

2020年5月23日。おうちでパンダ音楽祭の有料配信を見ました。

2012年にスタートし、毎年チケット争奪戦となっているパンダ音楽祭。
今年は某所から生配信でお送りします。つまり、あなたのおうちが会場になります!
好きな飲み物とおつまみを準備して、おひとりで、ご家族で、お楽しみください。
リクエストタイムやお便りコーナーなど、生配信ならではの企画もご用意しました。
音楽のちからで、お家で過ごす時間がすこしでもハッピーなものになりますように。

https://pandaongakusai.zaiko.io/_buy/1mPG:Rx:0f9ef

前半はちょっといろいろやることがあって、流し見しか出来ていなかったのですが…。

夕飯を旦那さんが作ってくれるというので、そのご厚意に甘えて。。。眉村さんと奇妙さん、曽我部さんは腰を下ろしてゆっくり見ることが出来ました♡

奇妙さんの歌声は日本国宝だ。
曽我部さんも人間国宝にしよう。

今日、「おとなになんかならないで」を歌ってくれたら泣いちゃうなぁと思ったらやってくれた。この曲は曽我部さんが長女ちゃんが生まれたときに作った曲。
今までもいい曲だなぁと思っていたけれど、自分が子どもをこれから育てていくとなるとまた感じ方が変わってくる曲だろうなぁと思っています。
そんなに急いで成長しないでいいんだよって思ってしまう瞬間にこの曲を思い出してしまうはずです。名曲。

曽我部恵一 – おとなになんかならないで @ りんご音楽祭2019

パンダ音楽祭の思い出

私が最後にパンダ音楽祭に行ったのは2017年。友人と一緒に行きました。
パンダ音楽祭の独特のゆる〜い雰囲気が好きで何回も通っていたなぁ。
毎回ライブで酒飲みすぎて、そのまま上野に繰り出してベロッベロになって帰ってた。笑
次の日は二日酔いでぐったりしてるのも含めてパンダ音楽祭だった。

曽我部さんと奇妙さんのセッション。泣けるほど眩しかった。(実際泣いてたw)

結婚してからは足が遠のいてしまっていたし、今年開催されていたとしてもコロナ関係なしに臨月で参加できなかったと思うのでこうして自宅で配信を見られる今のこの世の中ありがてぇ。

新型コロナ憎し、末代まで忘れがたき…と思っていますが、新型コロナのおかげでライブ産業界隈がライブ配信に前向きになってくれていること自体は、現在妊婦であり、今後は子育てでライブに数年は気軽に参加できない私にとってはかなりありがたい環境であるとも言えます…。

とはいえ、ライブハウスに風当たりが強い今の世の中…。子どもがある程度大きくなってきて行きたいライブに行ける頃に、ライブハウスはあるのだろうか。バンドは存続できているのだろうか…。そんな不安を感じてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました